レビトラで勃起する仕組み

レビトラで勃起する仕組み

レビトラという薬を知っていますか?

これは、バイエル薬品によって市場に出たバイアグラに続く
第2のED治療薬と言われています。

日本では、それらは2001年12月の承認申請および2004年4月の認識獲得です。
2004年6月の販売が行われます。

それは、アメリカとヨーロッパのような世界の70の国々以上に市場に出ます。
5mgの錠剤および10mgの錠剤は規定することができます。
また、20mgの錠剤の獲得は、日本で個人輸入によって可能です。

勃起は、血液が陰茎の中へ流れて、陰茎に蓄積するということです。
これによって勃起力が増し、それを維持するために、
陰茎血管の中で平滑筋、緩む必要があることが言えると思います。

物質が陰茎増加内のcGMPと呼んだ平滑筋は、
これによって性的刺激を受け取ることにより緩みます。

しかしながら、PDE5と呼ばれる物質は、このcGMPを分解する傾向があります。
レビトラは、このPDE5のチェックによってcGMPの縮小を防ぎます。
また、陰茎中の血液流入が増加するためになされるように、それは働くようです。

このようにしてレビトラは働いているようです。
その仕組みを良く理解して服用していって下さいね!



copyright(C)レビトラ効果